WordPressのバージョンアップ後に、エラーで画面が表示されなくなった

弊社のサイトトラブル修理・復旧サービスにご相談をいただきました。

ご自身でWordPressのバージョンアップをしたところ、公開画面・管理画面ともにPHPのエラーが発生してしまって画面が表示できず、どうすることもできなくなってしまったとのこと。

実際にお知らせいただいたアドレスを確認したところ、確かにどの画面も表示できず、管理画面にもログインすることができなかったため、調査費用を頂戴してサーバーのアクセス情報を共有いただいて、調査を始めました。

PHPのバージョン不一致で不具合

PHPのエラーログファイルをたどると、画面を表示しようとするとタイミングであるプラグインがエラーメッセージを表示して、それ以降の処理が進められなくなっていました。エラーメッセージの内容からすると、PHPのバージョンが合わないことでエラーが発生しているようでした。

お客様は、さくらインターネットのレンタルサーバーを利用されており、PHPのバージョンをいくつかの選択肢から選ぶことができたため、PHP8系から、PHP7系にバージョンを変更しました。これにより、画面が表示できるようになりました。

その後バックアップ作業を行った後、プラグインやテーマなどもバージョンアップ。そして、PHP8に再びアップデートしてみました。しかし、これでもやはりエラー。該当のプラグインはすでに開発が終了していて、PHP8には対応していないようでした。

プラグインを変更してPHP8に対応

ここで、お客様に復旧のご報告とPHP8にバージョンアップする選択肢がある旨をご連絡。お客様も、PHP8に対応したいとのことご要望があったため、追加で「検証修理」の費用を頂戴して、引き続き作業を続けることに。(合わせて、SSLに対応していなかったためSSL対応作業も行いました)

まずは現状のサイトを、テスト環境に移行してPHP8にアップデートします。その後エラーが発生するため、エラーメッセージを確認しながらエラーの発生するプラグインを1つずつ取り除いていきます。この作業を繰り返し、正しく表示されるまで作業を行いました。

こうして、正しく表示できるようになったため、お客様のサーバーに乗せ直し、PHP8に変更。その後、取り除いたプラグインについては同様の機能を持つ、開発が継続しているプラグインに差し替えて、運用を続けることに。SSLにも対応して、無事に稼働いたしました。

お客様からの声

今回ご利用いただいたお客様からは、次のようなお声を頂戴しました。

困って助けていただきたいときに、とても迅速かつ的確にご対応いただき、大変助かりました。

ご利用いただき、ありがとうございました。