Google Workspaceでメールアドレスだけを無料で増やしたい

Googleのビジネス向けサービスである「Google Workspace(旧 G Suite)」は、通常メールアドレス(=ユーザー)を増やす度に料金が発生します。

しかし、メールアドレスだけを増やしたいという場合にユーザーを作らなくても、メールアドレスだけを増やすことができます。ただし、メール自体は既存のユーザーに「転送」する必要があるので注意しましょう。

ルーティング設定しよう

やり方としては、Gmailの「ルーティング」という機能を利用します。これは、あるルールにしたがって受信されるメールにさまざまな設定を行うことができる機能で、これを使って次のようなルールを作成します。

存在しないメールアドレスに届いたメールを、特定のユーザーに転送する

こうすることで、どんなメールアドレスで来たメールも、1ユーザーのメールに転送されるようになります。それでは次の手順で行って行きましょう。

管理者レベルのアカウントでGmailなどにアクセスしたら、右上の「Googleアプリ」メニューをクリックして、「管理」をクリックしましょう。

「アプリ→Google Workspace→Gmail」の順でクリックします。そして、「デフォルトのルーティング」をクリックしましょう。

そしたら、右下の「設定(または、「別のルールを追加」)」をクリックします。設定ウィンドウが開きます。

ここで、もしすべてのメールアドレスを転送したい場合は、最初の設定項目を「すべての受信者」にしましょう。そして、「エンベロープ受信者」という設定項目の「エンベロープ受信者を変更する」にチェックを入れます。そして、転送したいメールアドレスを入力しましょう。

これで設定完了です。「保存」をクリックして少し待ってみましょう。

その後、メールソフトなどから存在しないメールアドレス宛にメールを送信してみてください。先ほど設定した転送先メールアドレスにメールが届くことが分かります。

こうして、いくつでもメールアドレスを作成できます。

この方法のデメリット

この方法のデメリットとして、メールを送信する相手が間違えてメールアドレスを入力してしまった場合に、自分宛に転送されてしまいます。そのため、本来は見えてはいけないメールが見えてしまう可能性があります。

複数人でGoogle Workspaceを利用している場合には、このあたりのルールについてしっかりと確認しておく必要があるでしょう。心配な場合は、やはりユーザーを増やしてメールをしっかり運用した方が良いでしょう。

この記事を書いた人

谷口 允(たにぐち まこと)

エイチツーオー・スペース代表。関連会社でオンライン教育コンテンツ制作会社「ともすた」代表も勤める。

「ウェブをちゃんと」をテーマに、ウェブや動画を「ちゃんと」活用するためのアドバイスなどを行う。
主な著書に「よくわかるPHPの教科書」や、「マンガでざっくり学ぶプログラミング(監修)」など。