WordPressのフロントページ(トップページ)を固定ページにする方法

WordPressでウェブサイトを制作すると、トップページ(WordPressではフロントページと呼びます)には通常、最新の投稿が並びます。ブログサイトやニュースサイトの場合はこれでも良いのですが、企業サイトや商品紹介のサイトの場合、トップページでさまざまな情報を展開したい場合があるでしょう。

このような場合、「固定ページ」をフロントページとして設定することができます。ここでは、その手順を紹介しましょう。

固定ページを作成する

まずは、フロントページに設定するための固定ページを作成しましょう。固定ページの作り方は通常通りで、内容も自由に作ることができます。正し、「パーマリンク」の設定は、後で上書きされてしまうため、特に変更する必要はありません。

投稿一覧ページの固定ページを作成する

次に少し変わった手続きとして、もう1つ固定ページを作成します。こちらは、後で「投稿の一覧ページ」にかわります。

これは、本来フロントページで表示されていた「最新の投稿の一覧」が、フロントページの書き換えでなくなってしまうため、その代わりとなるページを作成する必要があるためです。

こちらの固定ページは、タイトルとパーマリンクを次のように設定します。

タイトル
投稿の一覧ページに付加するタイトル。「ニュース」や「ブログ」など。

パーマリンク
投稿の一覧ページにしたいURL。「news」や「blog」など。

内容は変更する必要がありません。追って無効にされてしまいます。

設定を変更する

ここまで準備ができたら、WordPressの管理画面から「設定→表示設定」を選択しましょう。Snow Monkeyを利用している場合は「外観→カスタマイズ→ホームページ設定」からも変更可能です。

そしたら、以下のように変更します。

ホームページ
先ほど作った、トップページ(フロントページ)用の固定ページを選択します。

投稿ページ
先ほど作った、投稿一覧用の固定ページを指定します

これで、サイトのアドレスにアクセスをすると、作成した固定ページが表示されるようになります。また、例えば「投稿ページ」のパーマリンクを、「news」にした場合は、次のURLでアクセスができるようになります。

https://example.com/news/

このアドレスには、標準でどこからもリンクが張られないため、メニューを作成するなどしてリンクしておきましょう。

ホームページ制作にもWordPress

WordPressは、CMS(コンテンツ管理システム)の中でも特に「ブログツール」と呼ばれ、ブログやメディアサイトを運用するのに最適な CMSと言われています。

しかしこのように、フロントページを変更することでトップページで情報を掲載しながら、ニュースの一覧ページを別途準備することなどもでき、企業のウェブサイトにも最適なツールとして利用することができます。

この記事を書いた人

谷口 允(たにぐち まこと)

エイチツーオー・スペース代表。関連会社でオンライン教育コンテンツ制作会社「ともすた」代表も勤める。

「ウェブをちゃんと」をテーマに、ウェブや動画を「ちゃんと」活用するためのアドバイスなどを行う。
主な著書に「よくわかるPHPの教科書」や、「マンガでざっくり学ぶプログラミング(監修)」など。