H2O space

kintone導入・開発支援

kintoneとは?

kintoneは、サイボウズが提供する『クラウド・データベース』サービスです。社内の情報管理や、Webサイトとの連携、モバイルサービスのバックエンドなど、さまざまな業務に活用することが可能です。
H2O SPACEは、kintoneの導入や開発をサポート。継続的なお付き合いをしながら、御社の社内業務の円滑化をお手伝いいたします。
※ kintone、サイボウズ、Cybozu、およびサイボウズのロゴはサイボウズ株式会社の登録商標です。

Excel管理からkintoneへ

お問い合わせ情報や申し込み情報、物件管理、在庫管理など、情報管理に Excel(表計算ソフト)を利用する事は多くあります。
しかし、表計算ソフトはもともと情報管理のためのソフトウェアではないため、次のようなデメリットも生まれます。

  • Webシステムと連携できないので、申し込みの内容を手作業で転記
  • 他の人がファイルを編集していたので、自分は作業ができない
  • 編集したファイルを、他の人が上書きしてしまった
  • 大量の情報で、ファイルが非常に重く、開くのも大変…

データを手元に置くことの危険性

個人情報・機密情報をクラウドに預けるのは危険。そんな思い込みがあるかもしれません。
しかし、個人のPCに保管しているデータの方が危険な可能性があります。

  • PCが盗まれてしまった、紛失してしまった
  • バックアップを取り忘れた状態で、PCが故障した
  • バックアップをコピーしたUSBが盗まれた
  • 事務所に泥棒が入った。火事で、PCもバックアップも消失した

多くの個人情報流出事件も、こうした端末の紛失や、適切なアクセス権が設定されていないため、協力会社の社員が抜き出していくなど、サーバー管理以外のデータが標的になっています。

kintoneの特徴

データ間の連携

kintoneでは、複数の「アプリ」と呼ばれるテーブルを作成することができます。例えば「顧客マスター」「施設マスター」、「製品マスター」など、管理したいデータごとに「アプリ」を作成して管理します。
こうして作成したデータは、それぞれを連携して管理することができます。例えば、「施設(スペース)」と「顧客」を結びつけ、「予約」アプリを作成すれば、顧客ごとにスペースのレンタル予約などを一元的に管理することができます。
データの登録は、Excelから一括移行なども可能です。

Webサイトの連携

kintoneのデータは、基本的には堅牢に守られていますが、一部のデータを外部に連携することを許可することができます(API)。
この仕組みを利用すれば、外部に公開可能なデータだけを抜き出して、Webページに反映することができます。
店舗マスターなどから店舗一覧を作成したり、商品リストを作成したり、逆にお問い合わせや予約を、Webから入力してkintoneに記録するなど、Webサイトの運営・更新の手間を軽減することができます。

集計機能とグラフ描画機能

アプリに登録されたデータは、一覧表示することはもちろん、グラフ表示なども可能です。棒グラフや円グラフ、折れ線グラフなど、データの特性に合わせて生成する事ができ、Webブラウザー上ですぐに確認することができます。
さまざまな角度で分析を行ったり、毎月のレポート作成などで利用できます。
また、データの種類によってはカレンダー表示も可能です。予定や日報などに利用できます。

ハードウェアとの連携

PC接続が可能なバーコードリーダーや、QRコードなどを利用して kintoneにデータを挿入したり、更新したりといったことも可能です。
商品管理や、イベントなどの入退室管理などでPCを操作する必要がなくなります。
他のIoTデバイスにも、応用次第で連携することができます。

ディスカッション機能

各データには、メンバー同士で書き込めるディスカッション機能を付加できます。また、プロセス管理でデータの処理を順次処理できるワークフローを組み込むことも可能です。

サービス紹介

kintoneの初期設定サポート

kintoneは、契約直後は白紙の「ポータル」が提供されます。
ここに、アプリの制作や各種設定、スレッドやスペースの設定など、使い始めるまでにはさまざまな整備が必要になります。これには、将来的な運用などを考えた設計が必要です。
H2O SPACEでは、多くのお客さまをサポートしているのはもちろん、自社でもkintoneを利用して業務改善をしている経験から、お客様の抱えている問題や改善点などを考慮して、アプリの初期設定などを行なわせて頂きます。

運用中のサポート

kintoneを運用をしていくうちに、もっとこうしたい、他のアプリを作りたいなど、さまざまなリクエストが出てきます。
H2O SPACEでは、毎月のサポート費用の中から可能な範囲で、それら制作作業をサポートいたします。

運用のアドバイス

kintoneに常にログイン可能なアカウントを共有させていただくため(機密保持契約を締結いたします)、アプリの利用状況などを確認し、適時アドバイスをさせて頂きます。

高度なシステム開発

H2O SPACEはこれまで、10年以上に渡ってWebサイト制作を行なってきました。HTML/CSS/JavaScriptを活用したサイト制作のノウハウを元に、kintoneと連携したサイト制作や、スマートデバイス、ハードウェアと連携した、次のようなシステムの開発が可能です。

  • Webサイトからの予約システム
  • アンケート収集システム
  • 管理不動産の、空き室情報を提供するWebサービス
  • スマホアプリと連携した、プッシュ連動通知サービス
  • バーコードリーダーを利用した、入退出管理・イベント入場手続きシステムなど

H2O spaceの kintoneプラグイン

H2O Markdown Preview
複数行テキストに Markdownを記録したときにプレビューできるプラグイン

価格

初期費用

200,000 (税抜)

初期費用に含まれる内容

ご訪問ヒヤリング / kintoneご契約サポート(操作説明等) /
ユーザーの作成・権限設定 / アプリ制作・ポータルの整備等 / 操作説明

月額費用

20,000 (税抜)

kintone
スタンダードライセンス

月額費用に含まれる内容

電子メールまたはチャットでの、ご質問への回答(2営業日以内) (お電話でのご質問は承っておりません) / 新規アプリの制作やポータル等の設定変更 / アプリ運用のアドバイス(随時)

  • 7,500円/5ユーザー~(追加ユーザー 1,500円/ユーザー)
  • kintoneには「ライトプラン」もありますが、本サービスで提供するのは「スタンダードプラン」のみ となります。
  • アプリ数上限1,000個、スペース数・ゲストスペース数の上限は500個となります。
  • ディスク容量は20GB。増設は10GBごとに、月額1,000円(税別)となります。
  • サポート費用の、年間一括払いも可能です(\220,000(税別))

その他、高度なシステム開発

50,000 (税抜)