NPO向けオンライン寄付決済システムまとめ

NPOが寄付を募る場合は、銀行・郵便の振り込み、コンビニ決済などに加えオンライン決済(クレジット決済)も用意しておくことで機会損失を回避することができます。しかし、NPOだとクレジット会社の審査に通らないこともしばしば…。そこで、今回はNPO向けオンライン寄付決済システムについてまとめてみました。(順番はアルファベット→五十音順です)

CANPAN 決済サービス

日本財団が提供する決済サービス。

初期費用:無料
月額費用:3,800円(税抜き)/ベーシックプラン または 5,500円(税抜き)/コンビニ決済つきプラン
決済手数料:5~5.5% ※カード会社によって異なる
採用団体:アイセックジャパン、など 多数(寄付プロジェクトから検索可)

ポイント:多数のNPOとのやり取り実績があるため、NPO事情に詳しくとても親身なレスポンスをくださいます。ユーザーは寄付時にCANPANへ会員登録しないといけないところが、集客可能な点でもあり、離脱を増やしてしまう点でもあります。(2020年7月時点)


GOEN

(2021/5追記)
初期費用(開設契約金):30,000円
月額費用(システム利用料):10,000円~
決済手数料:別途必要
採用団体:NGO PLAS 、NPO法人 WELgee(ウェルジー)など
Salesforceと連携したアプリなので、Salesforceが導入済、もしくは導入予定であること が必要です。


KIFUKARA/CLOUD PAYMENTS

CLOUD PAYMENTSの提供する寄付決済サービス。
初期費用:3万円
月額費用:8,000円
決済手数料:3.6%(VISA-MASTER)
データ処理料:5円/1件
決済取消料:5円/1件
採用団体:フローレンスブリッジフォースマイルビッグイシュー基金Homedoor、育て上げネットなど

おすすめポイント:初期費用と月額費用がCANPANより高めですが、決済手数料が手ごろのため、「継続寄付」や「高額寄付」の件数が多い団体向けだと思います。(2020年7月時点)


Syncable(シンカブル)

(2021/11追記)
株式会社STYZの提供する寄付決済サービス。
初期費用:0円
月額利用料:0円
サービス手数料:クレジットカード5%(Master / VISA / JCB / Amex対応)Amazon Pay5%(税控除対象の団体限定)
採用団体の例:認定NPO法人 日本ファンドレイジング協会など

おすすめポイント:初期費用と月額費用で、継続寄付・年会費決済にもどちらにも利用可能、マンスリーサポーターの獲得に、ファンドレイザーの伴走サービスがある


アナザーレーン

初期費用 NPO法人であれば無料(※継続決済利用の場合には、アカウント毎5,000円+税)
月額費用 NPO法人であれば無料
決済手数料:5%~6%
データ処理料:50円+税
おすすめポイント:初期費用、月額費用はかからないのがうれしいところ。こちらも高額、また複数年の継続寄付が見込める場合に使えそうです。

※一部のクレジットカードの決済では、使用明細上の請求名が「EXK 0570-011-332 LONDON」などと表示されることがあり、寄付者を困惑させることがあるようです。対象カードについては下記よりお問い合わせください。(2021年3月時点)


キフフォーム

大阪のキュリオワークス株式会社が提供する決済システム。

<基本パッケージ>
初期費用 単回利用 0円、継続利用 5万円
月額費用 単回利用 5000円、継続利用 1万円

<クレジットカード決済>
初期費用 基本パッケージに+5万円
月額費用 基本パッケージに+5000円
決済手数料 決済手数料 2.3~3.8 %
トランザクション処理料  15 円/件
採用団体:大学や病院など多数(2016年時点)

おすすめポイント:ある程度自団体のデザインに合わせてフォームを組み入れることが可能なようです。
初期費用や月額費用が高いものの、クレジットカード会社によっては上記2サービスより決済手数料が安いため、さらに「継続寄付」や「高額寄付」の件数が多い団体向け。


コングラント

リタワークス株式会社が提供する決済サービス。
初期費用0円・月額利用料0円・決済手数料8%のフリープランから、初期費用50,000円、月額利用料10,000円で決済手数料4.8%のプレミアムプランまで、4つのプランが選べる。
採用団体:大阪ボランティア協会 など

おすすめポイント:NPOのクリエイティブ助成をするソーシャルシップを主宰するリタワークス、後発サービスながら審査不要で最短即日で導入可能/初期費用不要プランもある。
※寄付と会員費の決済両方したい場合は有料プランとなるので注意が必要。


ゼウス

初期費用(開設契約金):50,000円
月額費用(システム利用料):3,000円(年間契約となり年間一括でのお支払かカードでの毎月支払いかを選択可)
決済手数料:VISA/MASTER 3.3%、 JCB/AMEX/Diners 3.5%
データ処理料:15円 ※成功決済のみ
採用団体:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン 等(2016年時点)


※2016/11/15の記事に加筆

今後獲得できそうな寄付額や件数の見込みを立てて、月額利用料または決済ごとの手数料などのかかる費用をシミュレーションして採用を検討するとよいでしょう。なお、迷った場合は各サービスの「導入事例」をチェックするとよいのですが、導入事例が数年前のまま更新されていないこともありますので、紹介されている導入団体のサイトに実際にアクセスして、最新の使用状況を確認するとよいでしょう。
皆様のNPOにたくさんの寄付が集まりますように願っております。

オンライン決済の関連記事

この記事を書いた人

Sumiyo MAKINO

大学卒業後、ベネッセコーポレーションに入社、コミュニティ運営、サイト企画、編集、Webプロモーションなどに約15年従事。
退職後、フリーランスとして関西のソーシャル系の企業・団体を中心に、事業計画・運用改善・ディレクション・プロモーション・編集・ライティングなどでサポート。NPO広報友の会。
2017年よりビッグイシュー・オンライン共同編集長。​
2019年、準認定ファンドレイザー®試験合格。